Team 一心

海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト 2021

ホーム

 

 

 

◯ 概要


このプロジェクトは、東京大学とホンダ学園関東の正式な授業の一環として行われています。
私たちは、2021年第24回ラリー・モンテカルロ・ヒストリックに出場することを目標としていました。

 新型コロナウイルスによってあらゆる面から行動が制限される中でしたが、春からオンラインで新しい様式の活動をひたむきに続け、11月までこの目標は揺らぐことはありませんでした。これは、難しい状況にもかかわらず支援してくださる企業の方々や、講師、先生方のご支援があるからこそのものでした。

 しかし、本年度は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、目標としていたラリー・モンテカルロ・ヒストリックに出場することを断念いたしました。さらに、その代替案として、オーストラリアで開催予定のタルガラリーに出場を検討しましたが、主催者の方から国外からの参加は今年は認めない旨を通達され、11月末の全体会議において出場を断念いたしました。

 そこで、活動の起点を国内へと移し、感染対策を十分行なった上で、プロジェクトを進めていく方針に致しました。主な活動の柱を以下のように定めました。
1. 国内ラリー参戦
2-i. 篠塚建次郎氏による雪道走行体験
2-ii. 富士スピードウェイにおける走行テスト

 ラリーにつきましては以下の2戦への出場を予定しておりました。このうち、Rally of Tsumagoiは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止が発表されました(ホームページ)。

2/4-7    Rally of Tsumagoi
3/19-21 新城ラリー2021

 新城ラリーは予定通り参加をすることができました。Team 一心からはOP-3クラス(クラシッククラス)にレビンとシャレードが出場し、出場5台中2位と3位という結果を収めました。1日目の好天が打って変わり、2日目は大雨により競技が中断、そのまま終了となる波乱の展開となりましたが、2台は大きなトラブルなく無事に走り切ることができました。

 篠塚建次郎氏による雪道走行体験は、雪道に潜む危険を十分認識をするとともに、伝説のラリードライバーの運転技術を間近でみることができ、大変貴重な経験ができました。

 富士スピードウェイの走行テストにおいては、モータースポーツの第一線で活躍する学生ドライバーの方にサーキットにて様々なアプローチで運転していただきフィードバックを頂くとともに、スポーツ走行解析ツールであるデジスパイスを用いたデータ計測を行いました。今後データ解析を行っていく予定です。

 Team 一心としての主な活動は報告書の作成及び報告会を残すのみとなりました。コロナ禍の昨今において、プロジェクトをここまで推し進めることができ、皆様には感謝してもしきれません。

誠にありがとうございました。

 残り少ない期間も引き続きTeam 一心を見守っていただければ幸いです。

【Team 一心新型コロナウイルス の感染拡大による海外渡航断念のお知らせ】

 

◯  スポンサー様一覧


 私たちのプロジェクトは、スポンサー様の多大なるご支援のもとに行われております。以下に本年度ご協賛していただいたスポンサー様のロゴを掲載させていただきます。

 以下に本年度個人でご協力してくださった方のお名前を掲載させていただきます。

小嶋 國彦 様
高田 喜隆 様